白岡車站之碑

白岡車站之碑(しらおかしゃたんひ)

白岡車站之碑

白岡駅の前には飲食店などが並んでいますが、お世辞にもにぎやかとは言えないものです。

そんな白岡駅を降りた真ん前にたっているのが、この車站之碑でした。

最初は通り過ぎていたこの車站之碑。

遠くから見ていると、大きな石のように見えるんです。

近寄ってみて初めて、車站之碑だということに気がつきました。

白岡の歴史がここに刻まれているようです。

「車站之碑」は、白岡駅の開設の年に立てられた碑です。

白岡駅の開設までの苦労、道のりなどが刻まれています。

 

以下は、白岡駅と車站之碑の案内板の内容を記します。

白岡車站之碑案内板

明治維新後、国は輸送手段の一大改革として鉄道建設を推進し、

その一環として1885年(明治18年)7月、日本鉄道会社により大宮-宇都宮間に

鉄道が開通しました。

しかしその際、白岡駅は設置されませんでした。

そのため、地元有志は交通の利便化と産業の振興を願って、日本鉄道や帝国議会

に駅の設置を請願し、駅用地の寄付も行いました。

しかし、その後の日露戦争(1904~1905)で設置は遅れ、再三の請願の結果、

1910年(明治43年)2月11日になってようやく駅が解説されました。

駅名は、白岡八幡宮から名をとって「白岡駅」とされました。

「新設白岡車站之碑」は駅解説の年の5月に立てられたもので、解説までの

苦労や、駅解説後に人々が利益追求に走ることを心配する内容などが、久喜の

漢学者中島撫山の選文により刻まれています。

また、記念碑の寄付人名には久喜、岩槻、蓮田の人々も含まれ、周辺地域の

人々も白岡駅開設に関心の声が高かったことがうかがえます。

平成13年6月   白岡町教育委員会

 

この白岡車站之碑の前には案内が立っています。

白岡駅前案内

白岡の名がつけられた「白岡八幡神社」は白岡駅から1kmとなっています。

 

白岡の公共施設

白岡の教育施設

白岡の神社・寺院・史跡

白岡の公園

白岡の病院

白岡のココ!スポット

白岡の駅周辺ガイド

カテゴリ

このサイトを検索

Copyright(c) 2013 白岡まちナビ All Rights Reserved.
株価の値動き