曹洞宗 興善寺

曹洞宗 興善寺

興善寺

〒349-0218 埼玉県白岡市白岡691

JR白岡駅より1km。徒歩で約15分。

JR白岡駅よりバス「菖蒲仲橋行」興善寺停留所まで約3分。

駐車場:あり

興善寺

興善寺は寺伝によれば、慈覚大師円仁により、平安初期に天台宗の寺院として開かれたと伝えられている。

その後、室町時代中頃の文亀元年(1501)になって、季雲永岳大和尚により現在の 曹洞宗興善寺が興された。

代々の住職のうち、当寺五世智翁永珠大和尚は、後陽成天皇の信任厚く、心通徳江禅師の称号を賜っている。

さらに下って、徳川家康入府の翌年の天正十九年(1591)には、家康から寺領十五石を寄進され、この朱印状が寺宝として残されており、また、代々の将軍の朱印状、十一通が保存されている。

そのほか、寺の境内には鎌倉、南北朝時代の特徴をもつ五輪塔や板石塔婆などがあり、また、本堂横には古い開山塔(年代不詳)もある。

興善寺達磨大師

達磨大師

お釈迦様(仏様)の教はいろいろな国へ様々な形で伝わりました。
仏様の教を正しく中国へ伝えたのがインドから中国に渡米した達磨大師です。
今日、「禅」の教、禅宗として中国、日本はもとより世界中にひろまっています。
ダルマさんは禅宗の初祖としてよりも七転び八起きのおきあがり小法師であったり目無しダルマの縁起もの。車社会の最近では招福除災で交通安全祈願など広く人々に親しまれ私達の日常生活の中にとけ込んでいます。(興善寺案内板より)

興善寺山門

興善寺は徳川家の御朱印を有する曹洞宗の由緒あるお寺。

花と緑に囲まれた敷地はとても広大です。

敷地内には興善寺幼稚園があり、園児たちの可愛い声が聞こえます。

節分には「春を祝う豆まき祭り」が行われ、1000人ほどの人が訪れます。

「福は内!」と賑やか。

普通は「鬼は外!」という掛け声が聞こえるはずですが、ここではなぜか・・・

「福は内!福は内!鬼は随意に!」とユニークな掛け声が響きます。

そして、皆一様に福豆を拾って持ち帰るようです。

 

白岡の公共施設

白岡の教育施設

白岡の神社・寺院・史跡

白岡の公園

白岡の病院

白岡のココ!スポット

白岡の駅周辺ガイド

カテゴリ

このサイトを検索

Copyright(c) 2013 白岡まちナビ All Rights Reserved.
株価の値動き